キャンドゥの落し蓋が圧力鍋の蒸し大豆用にぴったり

今年の7月のNHKの「あさイチ」で紹介されていた、蒸し大豆をジャガイモのかわりに使うことで、糖質や脂質を抑えながらもその天然のマルチサプリと言われる豊富な栄養を摂取できることを知ってから、うちのシチューやスープなどはジャガイモの代わりに蒸し大豆を使っています。

蒸し大豆を圧力鍋で
7月3日のあさイチで大豆料理特集をやっていて、大豆で腸内のビフィズス菌が約4倍増えて腸内環境が改善したという話をしてました。 簡単!新...

蒸し大豆はスーパーでも売っていますが、乾燥大豆を水で戻して圧力鍋で蒸したほうが1/4くらいの出費ですむので、自宅で蒸し大豆を作っています。

ちなみに、使っている圧力鍋はこれです。

ただ、この圧力鍋には蒸し台が付いていないので、どんぶりを鍋に入れて蒸していたんですが、これだとどんぶりが鍋の中でかなりの容積を占めてしまうので、一度に蒸せる量が少ないという問題がありました。

で最近キャンドゥで見つけたのがステンレス製の18cm以上用の落し蓋&蒸し皿です。

これ、うちの圧力鍋の直径にピッタリで、なべ底に2cmくらいの高さ湯飲みのフタを置き、その上にこの落し蓋を置くと鍋の容積を十分確保できるようになりました。

また、落し蓋に開けられた穴も大豆が通らないくらいの大きさなので大豆が穴から落ちることはなく、落し蓋の周囲と鍋との間の隙間も数ミリといった感じで周囲から大豆が落ちる心配もないです。

この落し蓋のおかげで、以前は500gの乾燥大豆を戻した大豆は4回に分けて蒸していましたが、これなら1回で蒸せて効率が大幅アップです。

ひさびさに100円ショップでいい買い物しました。

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ のんびり暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

スポンサーリンク
1st-336×280

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
1st-336×280