今シーズンの肌荒れ状況(2018冬)

リタイア後、平日の自分の朝ごはん、晩ごはんはカミさんの分も含めて自炊してるんですが、そうすると食器や調理器具などの洗い物が発生します。

リタイアして最初の冬はなんにも考えずに素手で洗ってたんですが、かなりの手荒れでひび割れなんかで、かなり痛い思いをしました。

そんなわけで、昨シーズンからはゴム手袋を使い始めてこれを回避しました。

ゴム手袋はニトリルゴム製がいい
この冬はまとまった食器洗いや流し台の掃除などの水仕事時はゴム手袋を使っていました。 昨シーズンは手荒れで痛い目にあったので 水の...

わたしの場合、ひび割れは手だけではなくて、足のかかとやられることが多いです。

今年はあまり冬らしい乾燥した天候になりにくかったようですが、油断していたらひと月前くらいに足のかかとがガサガサになりひび割れて痛い思いをすることになりました。

これはオロナイン軟膏で傷を治したあと、夜寝る時にかかとにニベアを塗って五本指ソックスをひと月くらい履いていたら、ほぼ完治して肌もスベスベになりました。

以前は寒くなってきたあたりから室内で靴下を常用してたんですが、前々シーズンに24時間ソックスを履きっぱなしにしていたら両足親指が爪水虫になって治すのに2年くらいかかったので、なるべく裸足で過ごしてたのがひび割れの原因ではないかと。

なお、靴下常用が爪水虫の主要因というより、ついつい何日も同じ靴下を履いてしまい、寒いとそれほど汗もかかないことからシャワーを浴びる頻度も減ったりして少し不衛生だったことが問題で、清潔にしてたら靴下常用でも大丈夫だったんではないかと。

まあそんなこんなで、いまでも寝るときと以外の在宅中は裸足の生活です。いまのところそれほど寒くないので大丈夫ですが、もう少し冬が進んだら靴下常用を考えたいと思います。最近は以前の教訓から足を洗う頻度が高いので常用でも問題ないと思ってます。

手荒れのほうは先週、右手人差し指の第一関節あたりに小さなひび割れができたので、そこらあたりから洗い物にはゴム手袋をするようになったところです。

ちなみに以前は耐久性に優れたニトリルゴム製ゴム手袋を使ってましたが、ちょっと着脱しにくいのが難点です。

天然ゴム製でもていねいに扱えばそれなりに持つことがわかってきたので、今シーズンは裏毛付きで着脱しやすい天然ゴム製を使ってます。

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ のんびり暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

スポンサーリンク
1st-336×280

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
1st-336×280