ママチャリのカギを紛失

先日、諸事情で普段とは違うスーパーにママチャリで行き、いつものように自転車のロックをかけて買物したあと、自転車のロックを外そうとカギをポケットから出そうと…カギが無いっ。

その後、駐輪場界隈をはじめスーパー店内の通路をくまなく3~4周探し回りましたが、やはり無い。

このスーパーは出先からの帰宅途中だったのでちょっと遠く、自宅まで歩いて1時間くらいかかる距離でロックがかかった車輪を浮かして帰るのはつらく、自宅にスペアキーがある可能性があり自転車屋でロックの付け替えというのもちょっと…ということで、店員さんに自転車を一晩置かせてもらって歩いて帰ることにしました。

いつもは施錠後、スラックスの左右どちらかのポケットにカギを入れていて、この日もそうしたと思うんですが、この日は寒い日でフリース地の厚手の手袋をしていて手先の感触が鈍くて施錠後確実に入れてなかった、あるいは、中途半端にポケットに入れてどこかで落として誰かが蹴っ飛ばしたりして見えないところに行ってしまったんではないかと想像してます。

幸いスペアキーが自宅にあったので翌日再びスーパーまで1時間歩いて乗って帰ることができましたが、これがスペアキーがなかったらと思うと、いろいろめんどくさいことになってました。

これ以降、わたしの自転車施錠後の最大優先事項は「カギを紛失しにくいポケットなどに確実に入れて、入れたあとに確実に入っていることを確認する」ということになりました。

さて、問題はスペアキーがない状態になってしまった今、このままこのロックを使い続けるべきかどうか。

またカギを紛失してしまったら今度はスペアキーがないので、自転車屋でロックを付け替えてもらうとか、自分でロックを破壊するとか、傘の一部を使ってカギを開けてみるとかまあいろいろめんどくさいことになります。

であればいっそのことロック本体を今のうちに付け替えてしまえばまたスペアキーのある状態になるな、と。

ちなみにロックは後輪のリングロックタイプでAmazonで600円台くらいからあるようなので、自分で付け替える分にはそれほどコストはかかりません。いまのロックも以前乗ってたママチャリから自分で移植したものです。

ママチャリのパーツを移植
先日、カミさんの実家から古いママチャリをもらったことを書きましたが、 いままで使っていたママチャリのほうが良いと思えるパーツも...

ボタン式ならそもそもカギがないので紛失しなくてすみますし。

ただ、以前の記事でも書いたように、いま乗ってる自転車がかなり古く、リングロックが普及する前のものだったせいか、リングロックを裏返しにしないと移植できなかったくらいなので、新たに買うリングロックが付けられるかどうかちょっと不安です。

であれば100均などのワイヤーロックにしたほうがお手軽か…

ちょっと考えようと思います。

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ のんびり暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

スポンサーリンク
1st-336×280

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
1st-336×280