カテゴリー設定とURLへの影響

このブログですが、いままでカテゴリー分けをせずに、すべて「未分類」としてきました。

最初は記事も少なすぎて、カテゴリー分けする必要を考えていなかったのです。

しかし、少しずつ記事も増えてきて、そろそろカテゴリー分けして運用していかないと、あとからひとつひとつカテゴリー設定するのはたいへんになりつつある気がしてきました。

で、過去記事をカテゴリー分けしたうえで「未分類」カテゴリーを削除し、今後はカテゴリーを使用した投稿で運用することにしました。

URLが変わる心配

カテゴリー設定で心配だったのは、このブログはWordPressで運用しているのですが、カテゴリー設定すると過去記事のURLが変わるのではないかということでした。

たとえば、

過去記事Aがあり、現在のURLが

www.hogehoge.com/a

だとして、これに対して、カテゴリー「cat」を設定すると

www.hogehoge.com/cat/a

になる

みたいなことを警戒していたわけです。

URLが変わって何が困るのか

URLが変わって何が困るのかというと、アクセス数がまるで少ないサイトとはいえ、多少なりとも外部からのリンクがあるので、どこからどれだけリンクがあるかを完全に把握することはできませんし、それを変えてもらうというわけにもいかないです。
対策として、Webサイトの設定でリダイレクトという変更前URLへのアクセスを変更後URLに飛ばすこともできなくもないようですが、各URLに対して設定するのも面倒だな、と。

ネットで調べてみるも…

で、ちょっとネットで調べてみたのですが、カテゴリー変更によるURLへの影響に関する記事はけっこう見つけたのですが、カテゴリー未設定の状態からカテゴリーを設定するという記事は見当たりませんでした。

あとで考えてみれば「カテゴリー未設定の状態」ではなく「未分類」カテゴリーからの変更でした。

また、後述のサイトにURLにカテゴリーが含まれていない状態から、カテゴリー設定を反映する方法の記載がありました。

とりあえずやってみる

それで、恐る恐るカテゴリーを設定して、設定後のURLの変更をチェックしてみたのですが、結果的には過去記事のカテゴリーを設定しただけではURLは変わりませんでした。

カテゴリー設定がURLに反映されるには明示的な設定(下記サイト)が必要であり、わたしは設定していなかったので、もともとカテゴリーがURLに影響しない状態だった、という取り越し苦労でした。

あらかじめ用意されているパーマリンク形式以外に構造タグを組み合わせて独自のパーマリンク形式を定義することができます。ここではカスタムパーマリンクを定義する方法について解説します。

設定できました

というわけで、無事カテゴリー設定が完了しました。

ひとまず現在あるだけの記事をカテゴリー分けしただけなので、いまいちしっくりこないところもありますが、そのへんは追い追い変更していこうと思います。

記録として初回カテゴリー設定状況のキャプチャーを残しておこうと思います。

スポンサーリンク

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ のんびり暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

スポンサーリンク
1st-336×280

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
1st-336×280