「you」と言われて「あなた」か「あなたたち」かわかる?(英語学習)

以前の記事に引き続き、『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』(森沢洋介著)による英語学習の備忘録です。

「you」だけで「あなた」か「あなたたち」かわかる?

前出の本に下記のような例文がありました。

Do you make him your leader?
あなたたちは彼をリーダーにしたのですか?)
What do you call this in English?
あなた方はこれを英語で何と呼びますか?)

訳文を見たら「you」がサラッと「あなたたち」「あなた方」になっていますが、この英文を見て「you」が複数形だなんてわからないいんじゃないか、という疑問です。

「you guys」「you all」で解決

この疑問、結論から言うと「わからない」が正解のようです。

実際の会話で「あなたたち」という場合は、

you guys
you all
y’all

のように「guys」や「all」をつけるようです。

「you guys」はくだけた言い方、「you all」はていねいな言い方みたいですね。

「y’all」は「you all」が短くなった形で、南部アメリカなまりみたいです。

ちなみに「guys」は、単数形の「guy」だと男性を指すようですが、「guys」にすると女性を含めてもいいようです。

従って、上の例文は、

Do you guys make him your leader?
What do you all call this in English?

のようになるということですね。

【参考サイト】

「あなたたち」「みんな」を表す「you guys」と「you all(y'all)」の正しい使い方、違い、発音などについて詳しく説明をしています。

「you」はもともと複数形だけだった?

余談ではありますが、そもそもなんで「you」は「あなた」と「あなたたち」の両方を指すのか、という疑問もありました。

で、調べてみたら、Wikipediaなどによると、もともと「あなた」の単数形として「thou」があり、「you」は複数形だったようです。

thou(単数形)
ye/you(複数形)
※Thou – Wikipedia 「語形変化」より抜粋

「Thou」というのは聖書なんかで「汝」的な使われ方をしていたようですが、どうも上から目線で普段使いしにくく、その点「you」のように複数形にするとやわらかい表現になるらしく、いつしか「you」が単数形でも使われるようになったみたいな。

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ のんびり暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

スポンサーリンク
1st-336×280

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
1st-336×280