楽天リワードに想うAndroid 4系の終焉

先日、楽天から「【重要】一部端末における楽天リワードサービス提供終了のお知らせ」というメールが来ました。

内容は、

2018年9月17日13時59分をもって、Android 4系以前のOSの端末について楽天リワードのサービスを終了する。

というものでした。

楽天リワードのQ&Aページにも掲載されてます。

楽天リワードといえば、楽天ウェブ検索や楽天PointClubなどのアプリで、アプリ起動やバナーをクリックしたりするだけでポイントが加算されたりするサービスですね。わたしも日課のひとつとしてやってます。

わたしが日課で使ってるスマホはSC-04Dという古い端末で公式アップデートではAndroid 4.2.2が最終ですが、カスタムROMを入れてAndroid 7にしているので問題ないです。

SC-04DをAndroid7に
いまわたしのメインで使っているスマホは Nexus5 ですが、その前のメインスマホである GALAXY NEXUS(SC-04D) も毎朝の...

まあ、いま販売されているAndroidスマホはほとんどがAndroid 7で、最低でもAndroid 6のようなので新品を買う分には問題になるような人はいないでしょう。

Android 4系端末は4~6年前あたりに販売されていたので、それ以前に販売された端末をいまだに使っている人で楽天リワードサービスを搭載しているアプリを使う人が影響を受けるということですね。

わたしはあまりアプリをインストールしないので、一般的なアプリのサポート状況がどうなってるのかわかりませんが、そろそろ4系以前をサポート対象外にしているアプリやサービスが多くなってきててもおかしくないんではないかと。

そんな古い端末、誰が使ってるんだって話ですが、ハードオフやブックオフなんかで、いまだに4系はおろか2系のかなり古い端末が売ってたりするのを見ると一定の需要はあるのかも。

こういう端末は安い(とはいえ古くて低機能のわりに高い)ことが多いので、うっかりそういう端末を買ってしまうと、楽天系アプリはもちろんその他多くのアプリが動かない電話とメール以外は何もできない端末をつかむことになるかもしれないので注意が必要ですね。

ちなみに楽天系でわたしが使ってるアプリのOS要件は、

楽天PointClub … 4.0.3 (*1)
楽天ウェブ検索 … 4.1 (*1)
楽天ペイ … 4.3
楽天スーパーポイントスクリーン … 4.4 (*2)
楽天チェック … 4.4.0 (*3)
楽天でんわ … 4.0.3

*1: 楽天リワード関連サービスは4系以前は9/17以降使えなくなる
*2: 4.0.3以上でインストール可能だが正常動作しない可能性あり。でもWEB版がある
*3: 4.0以上でもインストール可でも一部の機能が使用不可&正常動作しない可能性あり

同じ4系でもマイナーバージョンにばらつきがありますね。そう考えると中古で買う場合は最低でも5系以上を確保しておきたいですね。

でも5系以上の端末は中古でも意外と高かったりすることを考えると、いろいろ悩むよりも新品の格安スマホの方がいい場合もありそうです。

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ のんびり暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

スポンサーリンク
1st-336×280

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
1st-336×280