『TOEIC(R) TEST DSトレーニング』実力テスト580点 Dランク

先々月、ニンテンドーDSの英語学習ソフト『TOEIC(R) TEST DSトレーニング』を108円で買いました。

『TOEIC(R) TEST DSトレーニング』購入
先月末にブックオフでニンテンドーDSの英語学習ソフト『TOEIC(R) TEST DSトレーニング』が108円で売ってたので購入しました。 ...

TOEICを受験する予定はないのですが、英語学習のマンネリ化対策として買いました。

と言っても、日常的にこのソフトをやるのは毎日単語5個、たまに気が向いたら50語くらい学習する程度といった感じで、ほぼただの単語帳的な扱いです。

しかも、そもそも単語は文脈の中でで憶えないと単発で憶えてもしょうがない(憶えられない)と思っていて、そんなに積極的にはやってないというのが実情です。

じゃ何を期待してこのソフトを買ったのかというと「実力テスト」というTOEIC形式の模擬試験みたいな機能があるからです。学力を数値化・見える化するとモチベーションも維持しやすいと思ったわけです。

ただ、収録されている問題数がそれほど多くなさそうなので、あまり頻繁にテストをやるとそのうち回答を覚えてしまうのが目に見えてるので、買ってからこれまで3回しかやってないんですけどね。

ちなみに、前回(先月4日)のテスト結果は640点でCランクでした。

で、1ヶ月経った今日改めてやってみたら580点でDランクに落ちてしまいました。

内訳的には、

【Listening】
Part1: 100% (2/2)
Part2: 100% (2/2)
Part3: 66% (2/3)
Part4: 33% (1/3)
– Listening Total: 70% (7/10)
.
【Reading】
Part5: 50% (2/4)
Part6: 66% (2/3)
Part7: 0% (0/3)
– Reading Total: 40% (4/10)
.
【Total】55% (11/20)
.
※出題形式は旧TOEIC
※()内は正解数/設問数
※各設問数はちゃんと覚えてるわけではなくソフトの記録機能のグラフなどからの推測

Total 55%で580点ということは配点が均等じゃないからでしょう。

先月のCランクからDランクに落ちたわけですが、点数的には60点下がっただけなので、あまり変わってないってことですね。

こうしてみるとReadingが弱いですね。ふだんListening学習しかやってないので、英文を読むことに慣れてないせいか、ちょっとテンパってしまい各設問の回答に無駄に時間がかかりPart6の後半かPart7の最初あたりで時間切れで終了してしまいました。

たぶん時間をかけて読めば正答率はもっと高くなる気がしますが、そもそもTOEICが時間制限のあるテストなので、この程度のテストで全テストに回答できないようではダメということでしょう。

でもReadingを強化するといっても、もともと座学で勉強するのが嫌だから「ながら学習」できるListening学習してるわけで、座学にならざるを得ないReading学習は乗り気がしないという。

このソフトにも各Partのトレーニング機能があるんですが、おそらくトレーニングで出題される問題と実力テストで出題される問題は共通ではないかと思うので、これまたトレーニングで回答を覚えてしまったらテストの意味がなくなることを考えると、あまりやりたくないし。

う~む、どうしたものか。

※2019/1/5追記:実力テスト以外の状況も記しておきます。

【トレーニング】
Part1: Listening1 1/20
※やったのはこれだけ。Part1の他の項目や他のPartは一切やってない。
.
【マスタリー2000】
●トレーニング
– 英語→日本語: 748/2000 (前回比+469)
(Rank A:425/450, Rank B:310/450, Rank C:4/450, Rank D:4/450, 重要熟語:5/200)
– 日本語→英語: 0/2000
– 例文穴埋め: 35/2000
(Rank A:35/450)
– ディクテーション: 10/2000
(Rank A:10/450)
.
※前回比の前回は先月4日
にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ のんびり暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

スポンサーリンク
1st-336×280

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
1st-336×280