see と meet の使い分け

see も meet はどちらも「会う」という意味があります。

以前からこの2つの単語の使い分けが疑問でそのうち調べようと思っていました。

それが先日のNHK Eテレの『おとなの基礎英語』の「やり直し英語塾マツ基礎」コーナーで紹介されていました。

NHK語学番組とは、はじめて外国語を勉強するみなさんと、基本表現を通じて基礎から会話までを学習するサイトです。テレビ、ラジオ番組と合わせてお楽しみください。

この番組によると、

初対面のときは meet
2回目以降は see

ということでした。

たとえば、挨拶するときに、

初対面のときは、Nice to meet you.
2回目以降は、So nice to see you.

という感じ。

2回目以降に「Nice to meet you.」と言ってしまうと、すでに会ったことがある人に「はじめまして」と言ってしまって、ちょっと失礼な感じになるようです。なるほど。

ただ、2回目以降も meet を使う場合があり、約束するときなんかで、

Let’s meet at the station at seven.

のようなときは meet を使うそうです。

う~む、わかったようなわからないような。

Weblio辞書を見ると meet には、会合、会議、集会、集まりといった意味があるので、ここは「会う」というより「会合を約束する」といった意味合いが強い感じでしょうか。

まあ、とりあえず、挨拶で使うときは初対面=meet、2回目以降=seeということを覚えておいても損はなさそうですね。

「また会いましょう」と言うときに、

See you again.

というのは聞きますが、

Meet you again.

というのは聞きませんしね。

勝手な解釈をするとすれば、meet は初対面の硬い感じ、see は打ち解けた感じといったところでしょうか。

わたしは毎週Eテレの英語語学放送番組をいくつか見ていますが、英会話教室などに通わずに瞬間英作文や音読パッケージのような千本ノック的な学習をしているわたしにとっては、こういった活きた英語の使い方に触れられるところが、こういう番組視聴のいいところです。

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ のんびり暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

スポンサーリンク
1st-336×280

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
1st-336×280